婚活サイトエンジェルTOP/サクセスインタビュー/和志さん、潤子さん

NEW! 2022年9月16日掲載

相手をたてるという意味で似ている二人

和歌山県在住
和志さん ( 疑り深いが物静か ) 32歳   三重県出身   メカニック
潤子さん ( 愛情深いが相手を操作する ) 25歳 和歌山県出身   NPOの代表  

※このページにご登場の方には、事前にご了承を得た上で、掲載させていただいております。
※プライバシー保護のため、掲載写真はイメージ画像を使用する場合があります。

「誰かの力になりたい」

そう思うことはありませんか? 困っている人に寄り添って、忍耐強く励まし、傷ついた人の心の再生を見届けたい。そんな願いを持つ人達がいます。潤子さんは幼い頃から人に愛を振りまくのが得意でした。人を愛し、愛されている実感を与えるのが得意だったのです。とはいえ、自分が愛されるとなると苦手・・・それが潤子さんでした。

一方の和志さんも同じように活躍している人を支えるのが得意と自覚していました。引っ込み思案でありまわりを警戒するタイプの和志さん。主体性に欠けるとみられがちで恋愛はうまくいかないけれど、持ち前の慎重さから仕事は誠実で信頼を集めています。

潤子さんと和志さんはどこか似ています。お互いに相手を支えるのが得意なので、パートナーには向いてないと思いきや、ふたりの羽車はとても上手く回り出します。それは、しっかりと自己を分析し、自分が支えることが得意だと自覚しているもの同士だったからです。

大切なのは自分を知り、長所も短所も見つめること。自分を理解することなしには、パートナーシップも生まれないのです。潤子さんと和志さんのふたりはどう出会い、どのような紆余曲折を得て、幸せをつかんだのでしょうか・・・?

おふたりはエンジェルで出会われています。

潤子さん

エンジェルのご紹介を得ています。 相性で判断するマッチングだなんて面白いと思って。それ以前にエンジェルのメルマガはいつも読んでいたので。相性といっても相手を知るのではなく自分自身を深く知っていき、お互いに自己理解を高めた状態で科学的に相性のよい方をご案内してもらえることがとても新鮮でした。

おふたりはお互いモテそうな感じがしますが、どう出会ったのですか?

潤子さん

私はわからないけれど和志さんは人気がありそうですよ。でも、男子校出身でメカ好きなので、ちょっと相手を選ぶかも知れません。私を選んでくれて嬉しいです。

和志さん

いやいや、恥ずかしいな。潤子さんにはじめて会ったとき、『こんな綺麗な人いるんだな』と思いましたね。とにかくニコニコしていて最初に行ったカフェの店員さんにも優しくて、赤ちゃんの泣き声に満面の笑顔で反応して、なんかステキな人だなーと思ったのを覚えています。

潤子さんはエンジェルの性格分析によると「愛情深く、その代わり愛で人を操作する」とありました

潤子さん

ドキッとします。そんなことまでわかるなんて意外でした。でも、恋愛ではなく結婚を前提としているから自分自身のネガティブな面もお相手に伝わっているのがなんかよくて。しかも和志さんは真摯に向き合ってくれたんです

和志さんはエンジェルの性格分析によると「慎重に物事を進め、簡単に信じない」とあります。

和志さん

疑り深いのは元々なんですが、僕の場合はそれを『慎重に物事を進める』とポジティブとしてとらえてくれたのが逆に嬉しかったです。

ふたりは相手を立てるという面で似ています。

和志さん

立てる者同士という面では似ていて、僕たちはどちらも主役になるのが苦手です。でもいいんですよ。苦手なことがわかっているのが何より大切なんです。お互いに人の役に立ちたい思いが強いねって話しています

潤子さん

そうなんです!だから私たちはソーシャルグッドを実現するNPOを立ち上げたんです。私が代表になって、ふたりで日々、人の役に立ちたいねって話しています。その試行錯誤の過程をSNSで音声配信を流したりして、一緒の方角を向いているんです。

和志さん

そう。苦手を知って、お互いの良い面を一緒の方向にむかわせていく。それができるのが夫婦でのNPO運営や音声配信だと思っています。僕たちはお互いに賑やかなのが好きですし、人の意見も柔軟に取り込める性格ですから、コーチを付けて話が散漫にならないよう気を付けています。

お互いに、役立ちたいという想いをうまく前へ進めているのですね?

潤子さん

世界に私たちふたりきりだったら、もしかしたら愛し合えてなかったかもしれなです。だって、お互いに似た性格で人を優先するから。でも一緒に世界の困ってる人を助けて廻る旅といったら大げさですが、人の役に立つ想いを合わせて形にしたら、なんだか毎日が楽しくなりました。

NPO設立に至るまでとても大変だったと思います

和志さん

正直、僕も本業のメカニックの仕事があるし、最初は想いがすれ違うというか、話し合いをしようにもお互いを優先し合って空回り、ということはありました。僕たちは本当に似ています。 他人を前提として生きてきたんです。潤子さんが言うとおり、世界にふたりきりだったら巡り会いに至らなかったはず。 でも、こんなに豊かな世界があることを潤子さんは教えてくれました。 綺麗な人だなと最初に思ったのは間違いではなく、内面が豊かで思いやりがあり、誰にでも愛を与えながらも特別な愛情も感じられます。

愛情深い人は与えすぎる弱点があるのですね。

潤子さん

それはエンジェルを通じて私も自覚し、和志さんにも指摘されたので気を付けています。本当に大切な人に誠実でありたくて。 引っ込み事案の和志さんが真摯に私と向き合ってくれて本当に嬉しかったです。

潤子さんと和志さん。ふたりはエンジェルを通じて出会い、お互いの価値を認め合い、そして社会に対してできることはないか模索を続けていました。その答えのひとつがNPOだったり音声配信で共感者を得ることだったりしたのです。

おふたりの結婚がうまくいったのは似た性格であるがゆえにお互いの良くない点も注視し、しっかりと自分自身と相手と向き合ったところにあります。まずはご自身を知ること。そして次にパートナーとの相性。最後にふたりの未来を見ていくこと。この3点がうまく紙合わさって進んだのです。

相性というものはとても不思議です。単純に似たもの同士であればうまくいくとも限りません。世の中には似たもの同士でくっついて破綻したカップルはとても沢山います。何より破綻の原因としてもっとも多く挙げられるのが、性格の不一致です。この不一致による破局を避けるため、最初から相性の良い相手をご案内するのが理想だとエンジェルでは考えています。