婚活サイトエンジェルTOP/サクセスインタビュー/太郎さん・真美さん

*今月より、サクセスインタビューは、エンジェルを通じた成婚カップル、それぞれの性格にスポットをあてたインタビュー形式でお届けします。
 今後も、エンジェルスタッフ一同、みなさまの婚活のご参考になるような情報を鋭意お届けいたしますので、何卒、よろしくお願いいたします。

2022年5月17日掲載

「真面目な私。こんなにロマンチックな恋ができるなんて!」

東京都在住
太郎さん ( 個性を求める奔放さ ) 27歳   埼玉県出身   出版社勤務
真美さん ( 真面目で律儀 ) 28歳 鹿児島県出身   会計事務所職員  

※このページにご登場の方には、事前にご了承を得た上で、掲載させていただいております。
※プライバシー保護のため、掲載写真はイメージ画像を使用する場合があります。

ときに、「自分はやっかいな人間だな」と思うことがあるかもしれません。太郎さんは自分に自信をなくしていました。「時間感覚にゆるくて、人に迷惑をかけてしまう」という想いを抱いていたからです。しかし、真面目な真美さんからみれば、太郎さんのその繊細さこそが最大の魅力であり、少しカタブツな真美さん自身に足りていないと心のどこかで思っていた部分でした。

二人はエンジェルを通じて出会い、補い合い、愛し合って結婚に至ります。真美さんと太郎さんの相性の良さは、エンジェルの性格分析の裏付けがあってのものです。

昨今の婚姻が破綻する理由の一番は、『相性の不一致』。浮気でも金銭問題でもなく、二人の性格が合わないからという理由が最も多いのです。相性が合わなくて耐えきれず離婚になるという遠回りや心の傷を避けるためにも、最初から相性の良い人と巡り会うのが肝心だとエンジェルでは考えます。

そこで、今回は真美さんと太郎さんのインタビューを通じて、相性の良さがいかに大切で、それは決して、「明るい人同士」とか「趣味が同じ」とかのレベルではないというお話をお届けします。あなたがもっと性格の深い部分でよき人と巡りあい、惹かれ合うために参考にしてください。

真美さんは自分自身を真面目だと分析されていますね?


真美さん

「私は真面目だと思います。自分でいうのもおかしいですが、学生時代から良い子でしたし、良い子である自分に誇りを持っているところがあります。完璧さに憧れて学生時代は数学も得意でした。人からすごく真面目だともいわれます。」

でも、パートナーには太郎さんという奔放な人を選びましたね?


真美さん

「そうなんです。私にこんな部分があるなんて自分でも驚きました。太郎さんは時間の感覚も曖昧で、たまに遅刻をします。太郎さんは私との初デートも遅刻しちゃったんです。職場では遅れてくる人にイライラしている私ですけど、太郎さんの遅刻は受け入れられます。太郎さんには深い内面の世界があって、現実を生きてないところがあるのですが、それが実はとてもロマンチックで魅了されちゃったんです。だから多少の遅刻は多めに見ています、笑」

太郎さんはそういわれていかがですか?


太郎さん

「時間にルーズなのに結婚できて申し訳ない気分です、笑。 冗談はさておき、僕のこの現実感がない感じ。いつもふわっとしていてどこかに行ってしまいそうといわれる感じをしっかり人生のアンカー(碇)として打ち付けてくれるのが真美さんです。」

しっかりサポートをしてもらっているのですね?


太郎さん

「デートに遅刻した僕を切り捨てず『いいよ』と優しく包んでくれたので、恩に感じました。 僕は現実感がない代わりに義理堅くなるよう心がけているので、ふわふわして彷徨いやすい僕をこのまま受け入れてくれる真美さんに心から感謝し、忠実になろうと心に誓っています。朝だって起こしてくれて本当に感謝です。一生をかけて、恩に報いなければならないと思います。」

情熱的な愛に驚かれたのではないですか?


真美さん

「はい。いままでは私がカタブツなせいで、おじさんたちからの不倫のお誘いや、ナンパ師みたいな人にだまされそうになったり、厳しすぎるタイプの男性と巡り会ってお互いに苦しい想いをしたりなど、恋愛面は散々でした。もう恋愛結婚なんて諦めて、地元で堅い職についてお見合いしかないかなと思っていたんです。でも、心のどこかに『私だってロマンチックな恋をしたい』という想いはずっと隠れていたって気がつきました。」

太郎さんはまさにうってつけの相手です


真美さん

「そうなんです。太郎さんが最初のデートに遅刻してきたとき、正直言うと本当にがっかりしました。どこが『相性が良い』なんだと思って。でもそこでエンジェルを思い出して、信じてみようと思ったんです。最初の太郎さんは信用できなくても、エンジェルを信じてみようかなって」

手厳しいですね。


太郎さん

「いや!いや!そこが真美さんの最高に良いところなんです。気取らず、誠実で、正しいことを正しいと、間違ったことを間違っているとはっきりいえる率直な人です。真美さんは本当に素晴らしい人です。僕にとっては女神としか言い様がありません。」

情熱的に愛されていますね


真美さん

「女性として、ここまで言われたら嬉しいですよ。やっぱり。太郎さんのルーズさなんて、私が補ってあげればいいだけですし。朝、トントンとして起こしてあげるだけでいいんですから、私にとってはなんてことない行為です。太郎さんは大げさなまでに私を褒めてくれます。私は恋愛がさっぱりで、そのさっぱりの分だけ内心、恋に憧れも抱いていたのですが、20代の後半になって、こんなに情熱的に思ってくれる人が現れるなんて!今まで信じていなかった運命の存在を信じてしまいそうです。」

お二人は本当に相性が良いですね


太郎さん

「嬉しいな。真美さんのように素敵な人は、素のままの僕の実力では出会えなかったかも知れません。エンジェルのおかげです。仮に出会えていたとしても、遅刻で吹き飛んじゃいます。でも真美さんは1回の遅刻では相手を見捨てない根気良さがありました。そんな部分も尊敬しており・・・」

真美さん

「私って本当にカタブツなんです。でもそれを太郎さんは魅力といってくれます。私自身も、太郎さんの広くて大きな内面の世界や、そうでありながら繊細で子供のような感受性に惹かれています。太郎さんって本当に素敵なんです。子供の頃、カルピスを原液のまま飲んで歯がダメになった話や、おうちでボクシングの練習をしていて肩が抜けちゃった話なんか、子供のままのテンションで語るから、笑ってしまって。可愛いなって思えるんです。」

仲良しですね


太郎さん

「僕自身きっと心のどこかで、真美さんのような人を求めていたのだと思いました。これまでの人生で上手くいかなかったとき、激しく感情が上下したとき、つらいだけでしたが、過去に真美さんがいてくれたらなって。でもこれからの人生を一緒に歩んでもらえるなんて、本当に嬉しいです。」


真美さん

「太郎さんは詩的な表現が得意なので、私はいつもドキドキしてしまいます。いつまでもロマンチックな気持ちにさせてもらえるなら、私は喜んで朝を起こします。どうか、よろしくね」

エンジェル編集後記

なんと最初のデートで遅刻してきた太郎さん。しかし1度の失敗では見捨てなかった真美さん。それはエンジェルの相性を信じてくれたからだといいます。もちろん、今ではお互いに信じ合い、補い合って、情熱と真面目さを両立させた素敵な日常を歩まれています。

ルーズ同士では破綻してしまいますし、真面目同士だとギスギスするかもしれません。人間には相性というものがあり、相性がうまくかみ合えば、本当にロマンチックかつ情熱的で、そうでありながら地に足をつけた生活が送れるのです。

人の存在はとても多様で、世の中には色々な人がいます。最高に相性の良い相手と出会えば、最初から運命的な出会いも不可能ではありません。真面目だから、恋愛が苦手だから、ちょっと現実感がないから、といって諦める必要もないですし、相手を最初から足きりする必要もないかもしれません。

真美さんと太郎さんのように、運命的なつながりを得てみませんか? エンジェルでは相性を元にお相手をご案内しています。「ああ、こんな人と出会いたかったんだ」と、思いもよらなかった感動に巡り会いませんか?