婚活サイトTOP > 婚活情報館 > あなたの恋人は大丈夫? 結婚までに貯めておきたい貯金額とは?

婚活ニュース

あなたの恋人は大丈夫? 結婚までに貯めておきたい貯金額とは?

  


はじめに

結婚をするにはとてもお金がかかるということはなんとなく分かりますが、具体的にどれぐらい必要かご存じでしょうか? もしも婚活で出会った方の貯蓄がその金額にまったく達していなかったら不安になってしまいますよね。今回はそんな婚活中の方に知ってもらいたい結婚にかかるお金に関してご説明していきたいと思います。

結婚式にかかる金額

結婚を決めて、最初にお金がかかるのは結婚式です。結婚式にはだいたい平均して300~350万円もの費用がかかると言われています。では本当に350万円用意しなければならないかというとそうではありません。なぜなら、結婚式にはご祝儀が支払われるからです。したがって、新郎新婦2人で協力して支払う、最低限必要な金額は、1人当たり約100万円と言われています。つまり、すぐに結婚に踏み切りたいのであれば彼の貯金は、最低でも100万円は必要だということです。また、結婚式の式場を決めた際には手付金というものが発生します。すぐに支払うことができる金額として10~20万円は最低必要となります。

新居にかかる金額

式が終われば次に待っているのは新居の用意です。一般的なマンションを借りてさらに家電製品、家具、日用品を買いそろえると考えると、約100万円ほどの費用が必要でしょう。 さらに一戸建ての購入をご希望されている方はさらに金額がかかります。購入する地域にもよりますが、土地から購入する場合は平均して4000万円ほどが必要です。ローンを組む銀行にもよりますが、さらに頭金として何百万円と必要になります。

男性の平均貯金額

ここでは最低でも結婚にかかる金額をご紹介してきました。結婚式と新居の二つで考えると200万円は最低でも必要となってくるわけですが、さらに新婚旅行、出産、その他車の購入などを考えるとさらに出費は増えます。

それでは、世の中の男性はいったいどのぐらいの貯金をしているのでしょうか? ある調査によると30歳の平均的な貯金額は約300万円だそうです。案外少ないと思われる方もいらっしゃるでしょう。たしかに、最低限結婚にかかる費用には達しているので問題はありません。しかしこれより下になってしまうと結婚をしたとたんに貯金が0になってしまうわけですから、その後の経済面を考えるとあなたがしっかりと頑張っていかなければいけないかもしれませんね。

婚活をしていくなかで、相手の経済力というのはとても重要なポイントとなってきます。貯金ができる男性にはギャンブルや派手なお金の使い方をしていない方が多いので、結婚しても安心できる相手と言えそうです。

なかなか相手の貯金額というのは聞きづらいかもしれませんが、結婚直前になってまったく貯金がないでは困ってしまいます。だいたいどのぐらいあるのか、さりげなく聞いてみるのも婚活を成功させる秘訣と言えそうです。



  • 結婚相談所エンジェル ご入会はこちら(手続き約1分)
  • 無料でお試し性格分析+パートナー候補2名ご紹介付き
  • 会員ログイン
  • エンジェル8つの特徴
  • 性格分析技術
  • 活動の流れ
  • 料金ガイド
  • サクセスインタビュー
  • よくある質問
  • 会員データ
  • 法人会員様企業へお勤めの皆様へ
  • 婚活情報館
  • 結婚意識調査
    結婚や出会い・お見合い・恋愛に関する調査です。
  • エンジェルスタッフBLOG
  • 弊社代表執筆『男女社会学』(文芸社)絶賛発売中!
プライバシーマーク

結婚相談所・結婚情報サービス エンジェルは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)からプライバシーマークの認定を受けています。また、お預かりするお客様の個人情報は、ベリサイン社の暗号化技術(SSL)によって保護されています。

経済産業省 認定 経営革新事業