婚活サイトTOP > 婚活情報館 > ゆとり世代が結婚適齢期に

年代別の婚活

ゆとり世代が結婚適齢期に

  


ゆとり世代が結婚適齢期に

ゆとり世代(現在25~27歳の若い男女)がついに結婚適齢期に突入しました。彼らの結婚観があまりにもユルく面白かったので、ぜひご紹介したいと思います。なんと、ゆとり世代の多くは、結婚を特別なものであるとは意識していないのです。昭和生まれの人にとっては、結婚とは神聖なものであり「結婚適齢期に必ず結婚しないと後ろ指を指される」といった時代。これからは、結婚適齢期というワードさえ消えてしまう時代になっていくのかもしれません。ゆとり世代の結婚観はとっても『ユルふわ』。好きな人とずっとこのままの関係でいられればOKで、結婚をしたとしてもつねに対等な関係を好みます。もしかしたら、近年で登場した「婚活」という言葉は若いゆとり世代よりも昭和世代の人のほうが重くとらえているのかもしれません。結婚しても財布は別々なケースも多く、生活費は折半など、シビアな世代でもあります。ですから、女性が必ず家庭にはいる、という訳ではなく、仕事をつづけて共働き、夫婦一緒に頑張ろう! といった感覚。夫婦というよりはパートナーといった感覚に近いのかもしれません。

ゆとり世代の結婚観

そんなゆとり世代の結婚観。けっこう素敵じゃないですか?

「背伸びをしないで、今の自分を大切にしつつ、大好きな人と家庭を築く」

「大変でも一緒に頑張って生活すれば楽しいし笑っていられる」

これって恋愛のキホンですよね!

昭和の感覚を持っているワーキング独女の私は、「いつのまにか頭が固くなっていて、若いころの素直な感覚を忘れていたな」と反省してしまいました。

若い人に教わるって、こういうことなのかもしれませんね!

最近では、お洒落なファミリーが多いな、と感じていました。少子化は嘘なんじゃないかと思ってしまうくらい、街で赤ちゃんと若いパパママを見かけます。これが、ゆとり世代の結婚観。「子育ても1人では大変だから夫婦で一緒に楽しもう!」という感覚なのです。こんな風に楽しく育児ができるなら大変でも乗り越えられそうですよね。

ゆとり世代から学ぶ

ゆとり世代、という言葉はなんとなく悪いイメージが浮かんでしまう方もいるかもしれませんが、じつはまったく逆。現代に合ったライフスタイルは、やはりゆとり世代である20~30代の人たちが実践しているのかもしれません。みんなで今という時代を理解して歩み寄れば、昭和世代に育った人は、ゆとり世代に感じていた違和感も消えていくかもしれません。

ゆとり世代の『ユルふわ結婚観』を、私たち昭和世代もどんどん取りこんで『大人ユルふわ感覚』で楽しい婚活をエンジョイしていきましょう!



  • 結婚相談所エンジェル ご入会はこちら(手続き約1分)
  • 無料でお試し性格分析+パートナー候補2名ご紹介付き
  • 会員ログイン
  • エンジェル8つの特徴
  • 性格分析技術
  • 活動の流れ
  • 料金ガイド
  • サクセスインタビュー
  • よくある質問
  • 会員データ
  • 法人会員様企業へお勤めの皆様へ
  • 婚活情報館
  • 結婚意識調査
    結婚や出会い・お見合い・恋愛に関する調査です。
  • エンジェルスタッフBLOG
  • 弊社代表執筆『男女社会学』(文芸社)絶賛発売中!
プライバシーマーク

結婚相談所・結婚情報サービス エンジェルは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)からプライバシーマークの認定を受けています。また、お預かりするお客様の個人情報は、ベリサイン社の暗号化技術(SSL)によって保護されています。

経済産業省 認定 経営革新事業