婚活サイトTOP > 婚活情報館 > 目指せ紳士! 女性とデートする際の食事マナー(和食 実践編)

知っておきたい婚活マナー

目指せ紳士! 女性とデートする際の食事マナー(和食 実践編)

  


はじめに

和食、特に懐石料理の正しい食べ方をきちんと習得している方というのは、日本人のなかでも少ないものです。女性とデートをするときに分からないからといってマナー違反をしてしまったり、見苦しい食べ方をしてしまったりしては女性から品が無い男性と思われてしまうこともあるので、しっかりと学んでいきましょう。婚活中の男性は要チェックですよ。

手に持っていい食器とそうでない食器

和食を食べるときによく迷うのが、どの食器が手に持って食べていいのかという点です。全ての食器を手に持って食べるのはもちろんマナー違反になりますし、かといって全て手に持たないで食べる行為ももちろんNGです。ではどの食器を持っていいのでしょうか?

基本的にメインとなる料理の食器以外は手に持って食べるようにします。例えば、刺身の醤油皿や天ぷらの天つゆ皿などは手に持って食べましょう。持ち上げるときは口元までは持って行かず、胸当たりの高さまでにとどめるのが正しいマナーです。また、汁物は器に口をつけて食べます。煮物や茶碗蒸しなども汁物に含まれるので、そういった食器は口を付けて食べて問題ありません。

手皿は絶対にしない

先ほど手に持っていい食器とそうでない食器をご紹介しましたが、そこでやってしまいがちなマナー違反が手皿です。ついつい天つゆや醤油が垂れてしまうからと左手を添えて口に運んでしまいますが、そういった場合は懐紙を使い垂れてしまう汁を受けるようにしましょう。

難しい焼き魚の食べ方

和食の中で最もやっかいなのがこの焼き魚ではないでしょうか? 焼き魚を普段からきれいに食べられる方は相手に好印象を与えるので是非これも覚えておきましょう。

まず焼き魚にレモンやスダチなどが添えられている場合は、左手で汁が飛ばないように覆いながら絞っていきます。このレモンやスダチは使っても使わなくてもいいのですが、大根やしょうがなどが付け合わせで出ている場合は、残さずに食べるようにします。食べるタイミングは魚を食べ終わったあとです。

魚の身はまず背中の部分と腹の部分を食べてから骨を外します。骨を外したあとに下の部分の身を食べていきましょう。食べている際に口の中に小骨が入ってしまったら手で取るのではなく、箸を使って取り出します。

また、魚の身を食べる際に食べやすくするために、身を裏返す方もいらっしゃいますが、これはマナー違反なので絶対に行ってはいけません。

和食を正しく食べられる方は、婚活をしていても品性や育ちのよさを女性にアピールすることができます。ぜひ食べ方のコツを習得して美しく和食を食べられるようにしてくださいね。次回はアジアン料理の基本編をご紹介していきます。



  • 結婚相談所エンジェル ご入会はこちら(手続き約1分)
  • 無料でお試し性格分析+パートナー候補2名ご紹介付き
  • 会員ログイン
  • エンジェル8つの特徴
  • 性格分析技術
  • 活動の流れ
  • 料金ガイド
  • サクセスインタビュー
  • よくある質問
  • 会員データ
  • 法人会員様企業へお勤めの皆様へ
  • 婚活情報館
  • 結婚意識調査
    結婚や出会い・お見合い・恋愛に関する調査です。
  • エンジェルスタッフBLOG
  • 弊社代表執筆『男女社会学』(文芸社)絶賛発売中!
プライバシーマーク

結婚相談所・結婚情報サービス エンジェルは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)からプライバシーマークの認定を受けています。また、お預かりするお客様の個人情報は、ベリサイン社の暗号化技術(SSL)によって保護されています。

経済産業省 認定 経営革新事業